読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bancho's maternity blog

ばんちょーの切迫マタニティライフ♬ ~頸管無力症~

頸管無力症と早産について

f:id:k-s-ban0921:20170126101451p:image

頸管無力症がどんな病気なのか。

 

まだ生まれてはいけない時期

(特に16週~24週までに多い)

に、なんの自覚症状もなく

子宮頸管、子宮口が開き

赤ちゃんが出て来てしまう病気です。

↓下記サイト参考

http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FAQ-I/FAQ-I4.html

 

22週になるまでは(21週6日まで)

流産と言う事になります。

救命処置も行いません。

 

22週からは早産と言う扱いにはなりますが

救命率も悪く、運よく救命できたとしても

なんらかの障害(盲目、難聴、肺疾患、脳性まひ)

が残る可能性が高いと言う事です。

 

次に目指すのは24週。

24週からは救命率は約半分にあがりますが

こちらもなんらかの障害が残る可能性がまだ高いそうです。

 

次の目標が27週、こちらはほとんどが救命でき

障害を残す可能性もぐっと減ると言うところです。

 

そして30週。

お母さんと一緒に退院することは出来ませんが

(どんな形であれ、通常分娩なら母親は出産後、初産なら7日、2回目以降は5日程度で退院です)

救命、障害ともに心配はほぼ無くなるそうです。

NICUに入院することになるので

もうひと踏ん張り頑張りたいところですね。

 

33週。

肺の機能が34週ごろに出来上がるので

少しの間、酸素治療が必要になるかもしれませんが

あまり心配はいらないそうです。

 

35週になると、早産ではあるものの

周産母子センターではなく

普通の産院でもお産対応できる事が多いようです。

ここまでくれば安心ですね(^^♪

 

37週、ぎりぎり早産です。

が、記録に早産と残るだけで

正期産とほぼ変わりはありません。

 

38週、ここからは正期産です。

いつ産まれてもOK♬

たくさん動いて、陣痛に繋げるよう指示が出たり

内診でグリグリされたり(笑)

わざと張りを起こします。

雑巾がけがいいとか

スクワットがいいとか

色々聞きますが、ばんちょーは

色々試しても陣痛は来ませんでした。

陣痛どころか張りさえあまりなかったような。。。

 

40週、予定日です♪

 

最初こそ、主治医に24週を目標にと言われ

28週にはモニターで張りが定期的で

陣痛が来ると言われ

NICUのある大学病院に緊急搬送されましたが

結局生まれず(;^_^

 

36週で以前の病院へ送り返され

抜糸(マクドナルド術を受けていました)

すぐ産まれるからと言われましたが

全く気配なし。

運動しろ!たくさん動け!と言われ

産まれやすくなると聞けばなんでもやりましたが

最終的には促進剤のお世話になりました(笑)

 

動くな、動くなと言われ

座っていても怒られ

腰を上にあげろ

枕もしない方がいいとまで言われたのに

急にマラソンして来いと言われ

ちょっとプンスカしたものですw